介護付有料老人ホームとは民間の事業主によって運営されている高齢者の入所施設で、大きく分けると次の二つに分けることができます。

一つは要介護1~5の介護認定を受けた人のみを受け入れている施設で、あと一つは自立している人や要支援の人なども一緒に受け入れている、混合タイプの施設です。

希望する施設がどちらのタイプになるのか、チェックしておきましょう。

利便性を重視した毎日新聞について興味がある方にオススメのサイトです。

介護付有料老人ホームの最も大きな特徴は、サービスの幅が非常に広い、という点にあります。
基本は24時間体制で介護サービスを受けられるようになっていますが、施設ごとにその内容は多岐にわたっています。


医療的な処置に対応していて、かなり重度の要介護の方でも受け入れている所から、リハビリやレクリエーションに重点を置いている所など、施設によって特色があります。

ですから、自分もしくは家族の入所を希望している場合、どのような内容のサービスをどこまで受けられるのか、しっかり確認しておくことが大切です。

また、費用にも非常に幅があるのが、介護付有料老人ホームです。

介護付有料老人ホームが一般的になってきました。

一般的には入所一時金などの初期費用と、月々の入所費用がかかり、それぞれ金額も施設によって差があります。
特に初期費用は0円という所から数千万円の一時金を必要とするところまで、千差万別です。

初期費用に関しては、入所年数が規定に満たないうちに退去する場合、一定の額が返金されるところも多いですが、これも施設によって規定が様々ですので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ほとんどの介護付有料老人ホームがお試し入所などの制度を設けていますので、利用してみるのもいいでしょう。